Home | Sitemap | Contact us
Search
English
العربية
日本語
中文
Česky
Deutsch
Español
Français
Italiano
עברית
한국어
Nederlands
Polski
Português
Русский
Svenska
Türkçe
 

 

 

 

 
子装置の開発・デザインの専門会社であるTancher Electronics社は、「社会的安定イニシアチブ」を掲げております。人命救助の技術が広く普及出来るような環境づくりを目標にしたプロジェクトを支援してくださるように、同産業部門の各事業者同士や各機関に要請致します。Tancher Electronics社のイニシアチブは、全世界で人命救助のためのハイテク・ソリューションを促進するためのものであります。電子用品の開発者・製造業者や政府機関や社会組織に本イニシアチブを要請して、科学技術進歩の利用は、生活の質を高めるためだけではなく、人命を保護するためにも利用できることに注目をして欲しいです。

 

テロの危険性・自然災害・人為災害によって発生する多くの人的被災は、簡単な技術を使えば回避できるものと思われます。地震のみの被害人数は、毎年およそ1万人と見られています。地震による被害人数が10・20万人を超えるくらいの大きな被害の出る年があるにも関わらず、多くの場合は近代の電子通信装置や救命具を利用することはできないです。その理由は、設計製造費が高いわけではなく、消費者の命を全面的に守ることがあまり注目を集めていないからである。さらに製造業事業者においては有望な市場として認識されておらず、国家権力からも新技術の機能の理解を得られていないためでしょうか。この問題を社会的な問題として、製造会社の消費者と社会への説明責任を果たす一つの手段として取り扱うように我々が事業者同士に要望します。

 

弊社の本イニシアチブへの貢献としては、損壊家屋に挟まれた人や雪崩で埋まった人を救助するための極小型ポータブル・ラジオ・ビーコン(無線標識)のコンセプトと技術を作り、それを無償で供与することを表明します。

損壊家屋・雪崩に巻き込まれて救出を待っている人は、最初の30分以内に発見救助される確率が50%しかなく、3時間経つと確率が10%まで減ってしまいます。つまりTancherラジオ・ビーコンは、雪崩に遭った人の救助を迅速化するためのものなのです。

この極めて重要な活動分野を選んだ理由は、人命を保護することさえ出来ない限り、生活の質を高めても意味がないからなのです。

人の命を救うことはやがて自分の消費者を救助することになるのです。

 

我々のイニシアチブに参加したいと思われる方には以下のお願いをさせていただきます。

  • 人命救助や人の安全確保を保証できるような技術成果を普及する問題を社会的アプローチによって解決するというコンセプトを支援していただきたい。

  • 各製造業がそれぞれの専門分野の中で上記に述べたような装置の開発を無償で行うように。

  • その装置の製法を開発(無償での開発も含めて)していただくこと。

  • この分野でのイニシアチブや開発に関心を持ち、この類のプロジェクトの専門的評価を無償で提供していただくこと。

  • 「安全の基盤」を重要な社会分野として発達させることに可能な協力をしていただくこと。

我々のイニシアチブの支援に努力して下さる方は、http://www.tancher.com/サイト上での投票にご参加いただきますようお願いいたします。貴社に本イニシアチブの精神に合うプロジェクトがあれば、Tancher Electronics社が無料で専門的評価をすることが出来ます。興味をもたれた方は、ご提案をsos@tancher.comまでお送り下さい。貴社のプロジェクトの関連情報と連絡先を弊社のサイトで他のプロジェクトと共に公開させていただきます。

 
Copyright © 2006 Tancher Corp.
All rights reserved.
Projects  |  Contact Us  |